「漫画の描き方」を信じてはいけない?!

物語の描き方を教えるサイトを作っといて何ですが、

巷にある「物語の作り方」や「漫画の描き方」や「キャラクターの作り方」を鵜呑みにしてはいけないと思います。

実際に売れっ子になる人は、いちいちそんな事を考えてストーリーを作ってるわけではなく、

作った後で「そういえば、こんな考え方で作ってたなー」
というのを形にしたから、作り方というものが出来上がるのです。

作り方というのは後付けなんです

上手に作れる人は、沢山の作品を見たからこその直感であったり、

才能であったり、それこそホームページ や本で勉強した事もあったりするでしょう。

ては、ストーリーを上手く作れる人と、作れない人は、何が違うのでしょう?

 

 

 

それは脳です。

沢山のストーリーを作った経験、
沢山のストーリーを見た経験、
ストーリー作りの知識、
ストーリー作りとは関係なさそうな経験、
自分中で表現されずにいる感情。

それらをしっかり栄養にして、脳を成長させた人がストーリーを上手く作れるようになるのです。

だからこそ、このホームページの名前は「物語を作る脳を育てよう」なのです。

 


では、どのようにこのサイトを見れば良いのか?

勿論、サイトに書いてある事を実践しても良いです。
ですが実践する目的は、あくまでも貴方の脳を育てるためです。

一々サイトに来て、やり方を確認してから作業に入る。
最初は良いかも知れませんが、いつまでもそれではいけません。

やり方を確認せずとも、無意識のうちに行動してしまうくらい、脳に染み込ませて欲しいのです。

そして最終的には、サイトに書いてある事をアレンジしたり、自分にとって、

より上手くいく方法を考え出せるようになって欲しいのです。

漫画を描く方法、小説を書く方法、ストーリーを作る方法、世の中には沢山有りますが、
大事なのは貴方の脳を育てる事です。
サイトに書いてある通りに行動することではありません。


色んな手法を学んで、自分だけの手法を作り上げてください。

自分だけの手法が完成したら、貴方は本当の意味で自分を表現できるようになります。

是非このサイトを、成長の糧にしていってください。


随時更新中…