アイデア発想法コレクション

 

アイデアこそ、作品の源です。

 

この章では、アイデアの出し方をまとめました。

アイデアが浮かびにくい人は、参考にしてください。

 

創作初心者は、どうしてもオリジナティ溢れるアイデアを作り出そうと

躍起になってしまいます。

 

しかし、どんなアイデアも、ゼロから産み出されるものはないと、

理解してください。

 

アイデアのほとんどは、既存のアイデアの組み合わせに過ぎないのです。

 

それを理解した上で、読み進めてください。

 

  • 既存のアイデアを組み合わせる

基本です。好きな漫画や映画の、気に入った設定を持ってきて、

独自のアイデアへと昇華させましょう。

 

やり方としては、好きな設定を、書きまくり、

それから選んでいくという方法があります。

 

脳内でできるなら、それでもいいです。

 

二つである必要はありません。上手にまとめられるなら、幾つでもいいのです。

 

その設定が、物語に活かせるかどうか、物語が活かしてくれるかが鍵です。

 

 

  • 無意識に捨てている設定を捨てずにとっておく

よくあるのが「浮かんだアイデアを無意識に捨てている」という状況です。

 

「このアイデアはダメだ、幼稚だ、」

「これは独創性がない、パクリだ」

「いつのまにか忘れた」

 

というように、せっかく浮かんだアイデアを捨ててしまっているのです。

 

そういう人はまず、浮かんだアイデアを、どんなアイデアでもいいので、

書きまくりましょう。できれば、同じ紙の上がいいです

 

もちろん単体では役に立たないかもしれません。

 

しかし、書いた紙を俯瞰して見ることによって、

組み合わせる事ができると気づきます。

 

組み合わせによって、新しいアイデアが発想されるのです。

アイデアは、捨てずに、紙に書いてみましょう。

 

 

  • 自分の世界から抜け出す。

「スランプの脱出方法」で詳しく書きましたが、

アイデアが浮かばない人は、自分の世界の中で

堂々巡りをしている人が多いです。

 

同じことを繰り返す日々に安心し、

その中から出ることを拒んでしまっています。

 

対処法としては、今まで読んだことのない本を読む。

新しいことにチャレンジする。新しい仕事をしてみる。

話したことのない人と話してみる。普段通らない道を通ってみる。

 

というように、自分の世界にとどまる癖を治すことが大事です。

 

 

  • ウォーキングなどの軽い運動をする

ウォーキングは、脳への血流をよくし、脳を活性化させます。

外に出て、風景を見ることによって、世界の広さを実感することもでき、

アイデアが無限にあることを知れます。

 

運動をしない人は、脳が凝り固まって、考えが狭くなってしまうのです。

 

ウォーキングをすることによって、アイデアが生み出されやすくなります。

 

コツとしては、息を荒げるような運動ではなく、

心地よい汗をかく程度の運動に留めることです。

 

疲れすぎる運動は、脳を進化させることには、効果がありますが、

アイデアを発想するには疲れすぎます。

 

脳が疲れすぎると、アイデアを得る前に、眠くなったり、

やる気がなくなるので注意です。

 

 

  • 自分の人生を掘り下げる

自分の人生で

「楽しかったこと、辛かったこと、悲しかったこと、嬉しかったこと」

などの、感情が動いた事をリストにしていきます。

 

それがないなら、テレビや映画、ニュースで、

感情が動いた事を書いてください。

 

それらを解決するためにどうすればいいか?

どう解決したかを書いてみてください。

解決したことによって、どのような感情が浮かんだかも書いてみてください。

 

(例)

勉強が大嫌いで、いつもゲームばかりしていた。

勉強を始めても、全く集中できず、高校に落ちた。

がっかりしたし、親も悲しんだ。勉強すればよかったと後悔した。

 

<これを解決する物語を作るなら>

俺は、勉強嫌いで、いつもゲームばかりしていた。

しかし、通信対戦をキッカケに、ゲームの大会に出ることになった。

その大会では、予選落ちしたが、心に火がついた。

 

必死にゲームをして、実力をつけた。次は必ず優勝できる。

 

しかし、親が激怒し「偏差値50以下なら、一生ゲーム禁止」

と言い、俺からゲームを取りあげた。

俺は、必死に勉強し、偏差値55を取った。

そして、親から取り返したゲーム機で猛練習して、ゲーム大会で優勝した。

 

 

(例)

友達の家族が事故にあった。私は、友達を自分の車に乗せ、

彼の家族が運び込まれた病院まで連れて行った。

友達は、家族の無事を確認できて嬉しそうだった。それを見た私も嬉しくなった。

 

<これを物語に組み込むなら>

車に乗せず、「どこでもドア」的な道具を作るとか、

事故に会う前に時間を戻し、事前に助け出す。

 

という話のアイデアになります。

 

<もっと現実的にするなら>

友人の家族が輸血を必要としているが、病院に血が足りない。

主人公は、急いでほかの病院から血を持ってくる。

 

などの物語を作り出すことができます。

 

 

(例)

テレビで、近所の銀行に強盗が入ったことがわかった。

銀行員が一人重傷を負ったようで、可哀想だと思った。

 

<これを元に物語を作る例>

テレビで、近所の銀行に強盗が入ったことがわかった。

なんと人質の中には、俺の彼女がいた。

俺は「伊賀の里 現代版」で培った忍術を駆使し、銀行に侵入した。

 

見事犯人を逮捕。人質にも怪我はない。俺ってすごい。

 

 

ここで重要なのは、なぜそのような感情になったか、の経緯を書くことです。

 

「友達を助けられた。嬉しかった」だけでは、なんのアイデアも浮かびません。

 

「崖から落ちそうな友人を、いつも鍛えている上腕二頭筋を持った俺が引き上げて助けた。友人がお礼を言ってくれて、俺は嬉しくなった」

というように経緯を書いてください。

 

実際にあった話を使うと、よりリアリティが増すので、

この方法は、かなりおすすめです。

 

 

  • すでにあるストーリーを改変する。

物語にアイデアは不可欠ですし、自分の作風を作るためにも、

アイデアは重要です。

 

しかし「アイデアが出ないと書けない」と思っていると、

余計アイデアはでません。

 

一度、日本昔話や、民話、神話、

子供向けのストーリーを真似して書いてしまいましょう。

 

そして、そこに自分なりの味つけをしてみてください。

簡単に、あなた独自のアイデア満載のストーリーが出来上がります。

 

(例)桃太郎

 

桃から生まれた桃太郎。→人工授精による、試験管ベイビー。

 

おばあさんが作ったきびだんご。→博士が作った、体を強化するドーピング剤。洗脳効果もある。

 

犬→戦車の運転手

猿→人体改造により作られた、ゴリラ人間

キジ→記事(プロパガンダによって、同士を増やす)

 

鬼→人体改造に失敗し、凶暴性が増した人間。

 

鬼ヶ島→日本、凶暴性が増した人間に支配されている。

 

戦いの終わりに持ち帰る宝→「平和、救われた人間からの賞賛、国民栄誉賞」を持ち帰る

 

 

 桃太郎を改造するだけで、長編に出来そうなアイデアが生まれました。

 

コツとしては、参考にする物語は、

単純化した方が、自由に作れるということです。

 

キャラクターの関係性、物語の構造、世界観の設定。

全て、一度単純化してから利用しましょう。

 

元から単純化されている、子供向けの物語が適しているのも、これが理由です。

 

 

  • 新兵器、新商品、新技術に敏感になる。そして、さらなる未来を予測する。

新しい商品や技術は、アイデアの宝庫です。

それを利用する方法を考えてください。

 

例えばドローンです。

ドローンを悪用しようとすれば、盗撮、泥棒、殺人、いくらでもできます。

もちろん、良いことにも使えます。配達、映画の撮影、危険な場所への侵入。

 

では、盗撮に使用するとしたら、どのようなドローンがいいでしょう?

 

蚊のように小さなドローンが適任ですよね?

こうなってくると、人体の中に入れるドローンなんてのも考えつきます。

医療に革命が起こりますね?

 

配達ならどんなドローンが適任でしょう?

 

荷物を大量に積みこめるけど、狭い場所にも入れる。

4次元ポケットがあれば、実現可能です。

もしかしたら、人間自体を運ぶこともできるようになるかもしれません。

 

そうなってくると、悪人が人身売買をしやすくなるかも?

 

 

ノンカロリーのマヨネーズがあったら?

さらなる未来は、ノンカロリーどころか、

飲むだけで痩せるマヨネーズが開発されるかもしれません。

そうなると、マヨネーズに合う商品が売れまくります。

マヨネーズを使った料理の本が売れるかもしれません。

地球人全員がマヨラーになるかもしれません。

 

新しい技術や商品を見つけたら、それをどのように使うかを考え、

さらに未来の姿を想像してください。

 

未来を考えることは、アイデアをうみだす事なのです。

 

 

  • ドキュメンタリー、ノンフィクション作品を見る。

自分の人生を掘り下げることに似ていますが、

これは他人の人生からヒントを得られます。

 

ドキュメンタリーには、リアルな問題が詰まっています。

ストーリーも、フィクションと違って、テンポよく進みませんし、

問題が理想的な解決方法を得られるとは限りません。

 

それを見ることによって「こうなったらいいのに」

「自分の物語ならこう解決する」「ここにスーパーヒーローがいたら……」

など、想像力が湧きます。

 

特に、リアルな問題というのは、フィクションよりずっと衝撃的です。

その衝撃を、自分の物語で再現しようとすることで、実力が上がっていきます。

 

もしかしたら、ノンフィクション作品は苦手だという人もいるかもしれません。

しかし、物語の勉強となると、ノンフィクションは外せません。

 

実際にあった事件、科学的研究、成功者の人生、歴史を変えた人物。

など、興味のあるものからでいいので、

見たり読んだりすることをお勧めします。