キャラクターにリアリティを持たせる人間観察法


 

キャラ作りには人間観察。どんな教材でもよく言われることです。

 

これは真実です。

 

ですが、人間観察なんてどうやったらいいか分からないし、

それを作品に活かす方法も曖昧な教材が多いです。

 

ここでは「人間観察の仕方」と「人間観察をキャラクターに活かす方法」

を書いていきます。

 

 

 

 なぜ人間観察が大切なのか?

 

人間は、他人がいるからこそ、自分というものが認識できます。

 

他人がいなければ、自分がどう人と違うのか、何が得意なのか、

自分の考え方は普通なのか、そうではないのかすらわかりません。

 

キャラクターも同じで、色々なキャラクターがいるからこそ、

キャラクターの個性を出せるのです。

 

自分の世界だけで物語を作っていると、どうしても広がりがなく、

キャラクターも、ワンパターンになりがちです。考え方も偏ります。

 

特に悪役は、ただ嫌なやつなだけの、薄っぺらいキャラになるでしょう。

人間観察は、あなたの「人間の概念」を広げ、

より多くのキャラクターパターンを作り上げる手助けになります。

 

 

 

 どうやって人間観察をする?

 

人間観察には、コツがあります。重要なのは、

一人だけ見るのではなく「人間関係を見る」ということです。

 

 バイト仲間でもいいし、友人でもいいです。

まずは自分をふくめた、彼らの人間関係を眺めてみましょう。

 

まずは、一人に注目してみてください。

 

彼のこだわりや、好きなもの、許せないこと、癖、体質、習慣、

他人に対する価値観。それらを観察します。

 

この段階でも、キャラクターは作れそうですね。

しかし、これで終わりではありません。

 

最初に注目した一人の行動が、自分を含めた友人や、仕事仲間、

家族、他人にどのような影響を与えているかを観察しましょう。

 

(例)

Aさんは、いつも昼休みにお菓子を持ってきて、みんなに配る。

「ダイエット中」と言って断る人もいれば、ありがたくもらう人もいる。

もらう人は、お返しに、弁当のおかずを差し出す人もいれば、

後日、お土産を買って、返す人もいる。

 

Aさんはおしゃべりで、誰にでも遠慮なく意見をいう。

愚痴もあるし、まえむきな言葉もある。

その意見に賛同している人は、自分がいう手間が省ける。

しかし、反対の人は、Aさんの勢いに負け、何もいうことができない。

 

 もちろんこれで終わりではありません。

 最初の一人の行動で影響を受けた、周りの人々も観察します。

 

 

(例)

Aさんにお菓子をもらった人は、旅行に行く時に、Aさんへのお土産を考える。

「お返しをしなければ」と思ってしまうのだ。

ダイエットをしていると言った人は、Aさんが美味しそうにお菓子を食べているのを見ると、

自分も食べたくなります。

なので、Aさんを見ないようにして「私の目の前で食べないでよぉ」と言う。

しかし、Aさんは「美味しいヨォ」とその人を挑発する(中のいい二人の話)。

 

Aさんの意見に、タジタジの上司。しかし、Aさんは古株だし優秀なので、邪険に扱えない。

Aさんの意見に反対の人も、少し上司に同情し、

裏では「気にしなくていいよ」的な慰めをしている。

 

例は、かなり現実に忠実に書いたものです。

多分こうであろうという想像も入っていますが、想像することも大事なのです。

 

この作業をすることによって、キャラのリアリティ。人間関係のリアリティ。

そしてキャラクターの行動の動機のリアリティを知ることができます。

 

 

 人間観察をキャラクター作りに活かす方法

 

人間観察ができたら、今度はそれを作品の一部に入れてみましょう。

 

Aさんがお菓子を配っていて、ダイエットしている人は断った。

もらった人は、後日お土産を買ってきた。

 

などを、作品の一部に入れるのです。短編を一つ作ってしまうのも効果的です。

 

この場合、Aさんは主人公でなくてもいいですし、お土産を買った人が主人公でもいいです。

どちらも脇役でもいいです。

 

重要なのは、キャラクターが、リアリティのある行動をとるということです。

「物語上、そんなシーンは入れられないよう」と言う人も、

人間観察を十分にして経験を積めば、

自然とリアリティのある行動を描けるようになります。

 

ファンタジーな世界観でも、上司と部下の関係は応用できますし、

学校のいじめや、成績の優劣は、

主人公のコンプレックス作りにうってつけです。

 

周りに観察の対象がいないと言う方は、ドキュメンタリーを観たり、

リアリティのある映画を観たりして、人間観察をし、

その行動が周りにどう影響を与えているかを観察しましょう。

 

人間観察は、人間一人を見るものではありません。

 

人間関係を観察し、誰かの行動によって、誰かに影響が出る。

それを観察することなのです。