会話シーンで飽きさせない方法


 

物語には「静かなシーン」や「会話シーン」が必要です。

 

特に、長い映画や、アクションシーンのある物語には、

観客の気持ちを切り替えたり、落ち着かせたり、

次のシーンに対する心構えをしてもらうために必要です。

 

ずっと高速で走り続けたら、スピードがわからなくなるように、

ずっと感情が動くシーンだけでは、見ている人は疲れてしまいますし、

感覚も麻痺してしまうのです。

 

それを防ぐため「静かなシーン」は必要なのです。

 

しかし「静かなシーン」「会話シーン」だからと言って、

つまらなくていいわけではありません。

 

面白い小説、漫画、映画は「静かなシーン」にもメッセージがあるし、

興味深いし、読者を引きつけるものがあるのです。

 

 

この章では、静かなシーン、

特に会話シーンで読者を引きつける方法を紹介します。

 

 

静かなシーンで、読者を引きつける方法。

 

 

  • 会話中に動きを入れる

 

会話シーンで絶対にやってはいけない事があります。

 

それは「淡々と解説だけをする事です」。

 

男女が向かい合わせに座って、身動きせず、敵への対策を練る。

 

これはつまらなすぎです。

 

プロは、それが分かっています。だから、作戦を練るシーンでは、

豪勢なスクリーンにマップを常時したり、キャラたちが歩き回ったり、

書類がこぼれ落ちたり、ドーナツを頬張る奴がいます。

 

話を急ぎたい時には、作戦会議に敵が乱入、

なんてこともあります(これは別のテクニックですね)。

 

「でも、小説では、動きを入れるのは大変じゃないの?」と

思われるかもしれませんが、小説でも、会話中にドリンクを飲み干し、

ゲップをさせるだけでも、全く印象が変わります。

 

会話中の行動で、キャラ一人一人の個性を出すとより効果的です。

 

『話をしながら、ドーナツを食べ、油まみれの手をズボンでふく』

 

『ドーナツを食っているやつを見て、汚いなぁと顔をしかめる。そして、ウェットティッシュを渡してあげる』

 

『主人公の話を聞いて、もっといい提案をする』

 

『何でも俺に任せろと言う。しかし、苦手な話題が出たときだけは、顔を背ける』

 

 

  • キャラに自己主張させる

 

物語を進めるためにしか会話をしない、都合のいいキャラがいます。

 

「登場人物が全員善人ばかりで、読んでいてつまらない」

と言われる物語は大体これが原因です。

 

これはキャラクターの個性を大事にしない作者が犯してしまうミスです。

 

プロでもたまにやる人がいます。たまにっていうか結構います。

名前は言えませんが、かなり多いです。

 

主人公の意見に賛同しかせず、反対意見が言えない。

自分の役割を他人に決めてもらうことしかできない。

 

そういう個性のキャラなら、問題ないのですが、全員がそうだと、

個性も何もあったものではありません。

 

物語を勧めるために都合のいい会話だけをして、

全く読者の気持ちを揺さぶらない。

 

これでは面白くありません。

 

魅力あるキャラクターは、主人公がなにかを提案したなら、

 

反対意見、自分の見解、対案、代案、最終的に同意するか、反対するか。

会話に積極的に参加するか、参加しないか。

参加してなさそうで、大事なところでは鶴の一声をあげる。

激昂して反対するか、反対しながらも協力するか。

 

その発言によって、読者を不安にさせたり、喜ばせたり、怒らせたりします。

 

必ず反対意見を言えというわけではないので、そこは勘違いしないでください。

 

自分の意見を言わせましょうという話です。

 

キャラの個人的な意見というものは、

キャラの個性を把握していれば自然と出てくるものです。

キャラをしっかり作っておきましょう

 

会話の終着点が、あなたの中で決まっていたとしても、

終着点に至る道は、まっすぐではいけないのです。

 

 

  • 読者の疑問に答える。

 

どうして事件が発生したか、なぜ恋人は出て行ったのか、

なぜ主人公が戦わなければならないのか、なぜ努力しなければならないのか、

 

解説してください。

 

これは、物語の核心であったり、仲間が裏切った理由であったり、

どうしても下水道でしかタバコが吸えない理由であったり。

 

要するに「読者がなぜ?」と思うことに対しての回答なので、

読者は気になって仕方がありません。

 

はっきりとわかりやすく、読者に回答してあげましょう。

 

もちろん、疑問自体が上質なものでなければ、

読者の関心は得られないので、気をつけましょう。

 

 

  • 心境の変化を語る

 

頑なだった人が、自分の心境の変化を暴露したり、モノローグで語ります。

 

これが「昨日、敵は悪いやつだと思ったけど、今日もそう思う」

とかだったら、全く必要ありませんし、興味ありません。

 

「昨日、敵は悪いやつだと思ったけど、本当は違うのかも」

であれば、読者になぜそう思ったのか疑問も投げかけられますし、

心境の変化によって、どう物語が展開するのかも気になります。

 

 

  • 最後に

 

会話シーンがだらだらと長ったらしくてもいけません。

 

場面が変化し、状況が変わってこそ、物語なのです。

 

同じ内容のセリフを何度も繰り返したり、会話が堂々巡りしていたり、

ストーリーの進行に全く関係ないのに、時間をとっていたりするのは最悪です。

 

 

どんなシーンでも、

 

物語を良くするためにあるということを意識してください。