四要素からストーリーを作る方法


 

基本的に、物語は

「キャラクター、世界観、ストーリー、テーマ」の4つからできています。

 

その4つの中から、どれから作るかは人によりますが、

毎回同じ発想法は通用しません。

 

前回は、キャラから作リはじめ、次はストーリーから、

その次は世界観から……というように、

毎回違う発想法になる人は多いです。

 

つまり、どこから発想しても、物語を制作できる方法を知る必要があるのです。

 

 

ここでは、キャラクター、世界観、ストーリー、テーマ。

どこから発想しても、理想的な物語を作れる方法を書いていきます。

 

 

 

 

キャラクターから発想した場合

 

  • キャラクターを発想する。(魅力的なキャラクターを作り方を参照)

そのキャラクターは、読者や、自分の悩みを反映しているかを考慮し、

読者の共感を得られる存在かを確認する。

 

共感を得られないのであれば、共感を得られる要素を入れる。

共感されないキャラクターは、読者の興味を得られない。

つまり、視界に入らない。

 

 

  • キャラクターを頭の中で行動させる。

道で歩いているとき、戦う時、告白する時、授業を受ける時、食事の時、

料理をするとき。

キャラはどのような行動をとり、どのような異常さ、普通さ、

他人に対してどう行動するかを考える。

 

作者のあなたが、食事をしているとき、風呂にはいっているとき、

あるいているとき、車を運転している時、授業を受けている時など、

あなたの日常に、キャラクターを当てはめ、

どう行動するかを考えると効果的です。

 

 

  • キャラの能力は?

キャラはどのような特性を持っているかを考える。

 

モブキャラと同じではつまらないです。ストーリーを進める上で、

そのキャラでなくてはならない特性を考えましょう。

その特性は、平均より上でも下でもいいです。

 

モブキャラでもストーリーが進むとなっては、

キャラクターの特性の意味がなくなります。

 

  • キャラクターの人間関係を考える

そのキャラクターは、周りの人間からどう扱われているか。

キャラ自身は他人をどう扱っているかを考える。

それが、ストーリーにどう影響を及ぼすかを考える。

 

人間関係を描かない作品は、物語として、弱い部類に入ってしまう。

 

  • キャラクターが解決すべき問題と、問題が発覚するきっかけを決める

キャラクターが何を解決したいのか、

解決することによって何を手に入れるのか?

 

自分でその問題に気づいているのか、他人に気付かされるのか?

問題を解決したい理由は何か?

問題を解決できなかったらどんな不利益があるのか?

 

物語に限らず、人は問題がないと行動しません。

小さな問題でも、大きな問題でもいいので、かならず問題は必要です。

 

 ヒントは、理想と現実のギャップです。

人間は、理想と現実のギャップにしか苦しまないからです。

 

  • キャラクターが活躍できる世界観を考える

キャラの魅力を伝えることに特化した世界観であるべきです。

 

キャラの能力が活かされる世界観、あるいは、

キャラの能力が全く活かされない中、頑張る姿を描くか。

 

(例)

  1. 中学で空手を習っていた主人公が、弱小空手部に入り、活躍して、

    部を優勝させる。

  2. 中学で空手を習っていた主人公が「空手なんて嫌い」と言っている

    異性を好きになってしまう。

    空手部だったことを隠して、異性にアピールする。

 

1は、主人公の能力を活かした世界観(弱小空手部という世界)

 

2は、主人公の能力が活かせないが、

その中でも頑張る世界観(空手が通用しない世界観)



  • キャラクターが活かされるストーリーであるか?

キャラがその魅力を発揮できるストーリーであるか?

そのストーリーは、キャラクターにあっているか?

 

例えば、空手部の主人公が、サッカー部に入る。

全く空手と関係ない能力で努力しても、主人公の能力を活かせない。

 

もし、元空手部という設定を活かしたいのなら、

空手の上段蹴りがシュートに活きるなどの描写をしなければならない。

 

 

  • ストーリーが終わった後、ちゃんと問題が解決しているか。

ストーリーが終わった後、読者の疑問に答えているか。

提示された問題を解決しているか。

読者が首をかしげる終わり方をしてはいけません。

 

例えば、主人公が、病気で苦しんでいるとします。

その後、何か事件が起こって、それを解決した。

しかし、主人公の病気がそのままだったら、

読者は「主人公の病気はどうなったの?」と首を傾げてしまう。

 

「事件を解決することによって、病気の特効薬が見つかった」

などの描写がないと、事件を解決しても、疑問が残ってしまいます。

 

 

  • テーマは伝わっているか?

テーマはキャラクターがしっかり人生を生きれば、自然と生まれます。

物語を再度読み直し、自分が書きたかったことに気付きましょう。

 

もし、テーマが見つからないのであれば、

それは、キャラ作りが中途半端だった可能性があります。

 

しっかりキャラクターを作り上げ、その人の人生を生きさせましょう。

 

 

 

 

世界観から発想した場合。

 

  • その世界の住人は、どのような日常を送っているかを考える。

その世界の平和な日常はどのようなものか?

住人は、どのような事に安らぎを覚えるのか?

その世界の、良好な人間関係はどのようなものか?

 

普段食べているもの、遊び、仕事、恋愛、家族関係、etc……

自分の生活を、その世界の住人だったらと普段から置き換えてみましょう。

 

  • その世界観だからこそうまれる問題を考える。

大きなものでも、小さなものでもいいので考える。

 

政治的な問題や、命を脅かされる問題や、くだらないと思われる問題。

日常生活における、料理がうまくいかないとか、

子供の好き嫌いが多いとかでもいいです。

問題は、その世界観にのっとったもので作ります。

 

異世界ファンタジーなら、「魔王が侵略してきた」とか

「魔法書の値段が高すぎて買えない」とか、大きなものから小さなものまで。

 

  • 生まれる問題ゆえに必要とされる人材を考える。

必要とされる人材は、問題からうまれます。

 

「家が壊れた」から大工。「荷物を運びたい」から宅配便」

「魔物が襲ってくる」から用心棒。

 

 その中から、主人公のキャラ作りをすると、ストーリーが生まれやすいです

 

 

  • 必要とされる人材、故に生まれる人間関係を考える。

問題を解決してあげる側と、解決してもらう側、

これは一方通行ではありません。

魔物を退治する用心棒も、腹が減ったら、パンが欲しくなります。

でも、パンを作ってくれる人がいないと、パンを食えません。

 

それらから生まれる、問題を解決し合う人間関係を考えます。

これを恋愛に発展させたり、主人公の心の傷を癒す方法にしたりと

色々使い方があります。

 

  • 問題を解決して、誰が救われるか?

誰も救われないのであれば、行動する理由がありません。

その世界の住人全てが救われるのか?

主人公だけが救われるのか?

恋人だけが救われるのか?

世界がどう変わるのかを考えてください。

 

  • その世界観の何を伝えたいかを決める。

その世界の何を伝えたいのかをはっきりさせてください。

 

住んでみたい世界なのか。住んでいる住人の魅力なのか。

その世界から生まれるストーリーなのか。

 

結局は、キャラクターの魅力を通じて、

世界観の魅力を伝えられることがわかるはずです。

 

一番伝えたいことを決め、それを伝えられるキャラクターを作りましょう。

 

(例)

その世界の水が綺麗だという事を伝えたい場合、

その水を活かす料理を作ったり、

魚が元気に泳いでる事を説明するキャラが必要。

 

キャラクターの作り方を再度確認し、

それを世界観つくりに融合させてください。

 

 

 

 

ストーリーから発想した場合

 

とりあえずは、ヒーローズ・ジャーニーのような物語の基本構造を

おさえたほうが、素早く作れます。

 

ストーリーから発想したと言っても、

キャラを活かさなくて良いわけではありません。

 

基本的には、キャラクターからの発想法と同じです。

 

 

  • 主人公が関わる理由

主人公が問題に関わる理由はしっかり考えなくてはいけません。

解決したら何を得るか、解決しないと何を失うか、

それがはっきりしないうちは、物語を始められません。

 

なんの得もないのに、主人公が行動したら、読者は納得しません。

 

  • どうなったら解決するか

どうなったら、何を手に入れたら、誰をやっつけたら、

物語の問題は解決するのでしょう?

 

これがないと、ストーリーに目的がなくなってしまい、

読者は、どんな気持ちで作品を読んでいいかわからなくなります。

 

  • 単純化できているか?

ストーリー作りに手間取る人のほとんどが、単純化をサボっています。

複雑に考えていると、行動に起こすことが難しくなり、執筆に影響が出ます。

 

まず「これを解決したら、終了」と言う単純な物語を作り上げてください。

 

複雑な物語は、単純な物語に、色々な素材が付いているだけなのです。

 

  • ストーリーとキャラクターと世界観、相互に活かし合う

ストーリーを活かすキャラを作り、キャラを活かすストーリーを作り、

ストーリーとキャラを活かす世界観を発想する。

 

「ストーリー、キャラ、世界観」を何度も行き来して、作品を作ります。

 

キャラは、ストーリーを飛び出てしまうようなものを作ったほうがいいです。

 

そして、飛び出したキャラにストーリーを追いつかせます。

ストーリーとキャラクターは、抜きつ抜かれつの関係が望ましいです。

 

でも、ストーリーもキャラも、世界観を飛び出してはいけません。

 

これは簡単な理由です。

刑事ドラマで、犯人が銃を持っていて、

主人公が「くらえ! かめはめ波!」とかやってしまったら、

もう刑事ドラマではありません。

ギャグなら大丈夫ですが……。

 

ストーリーとキャラは抜きつ抜かれつの関係ですが、

世界観だけは飛び越えてはいけません(ギャグ以外)。

 

 

 

テーマから考えた場合

 

テーマから考えるのはおすすめできません。

 

なぜなら、説教臭くなり、セリフもわざとらしくなる場合が多いのです。

ストーリーも結末を縛られ、キャラクターの行動も縛られます。

 

それによって、自由な創作ができなくなります。

なれていないならやる必要はありません。

 

なるべくテーマを考えないように作ったほうが、

良いものが出来上がる人が多いです。

 

ですが、テーマから考える人もいなくはないので、

テーマからの発想法を書いていきます。

 

他の発想法と合わせて参考にしてください。

 

  • まずはテーマを絞る

 

伝えたいことには優先順位をつけましょう。

「あれも伝えたい、これも伝えたい」では、

地に足のつかない不安定な作品になってしまいます。

 

ストーリーを進めている段階で、他にも伝えられるものがあれば、

ついでに付け足していくのが理想です。

 

  • 伝えたいテーマから物語を作っていく

伝えたいテーマを決めたら、そのテーマを象徴する場面、

テーマを伝えられるであろうセリフ、結末、戦いを考えます。

その場面から、逆算したり、エピソードを付け足したりして、

ストーリー、キャラ、世界観を考えます。

キャラクター、ストーリー、世界観の発想法を参考にして、

物語を作り上げてください。

 

  • キャラ、世界観、ストーリーは、テーマにあっているか

ストーリーの結末はテーマに沿っているでしょうか?

キャラはテーマを象徴しているか、テーマの逆を行くか?

世界観は、テーマを象徴しているか、テーマの逆を行くか?

 

物語によって、解決した問題が、テーマを象徴しているかを確認してください。

 

 

 

どんな発想から物語を生み出しても、全てにおいて気をつけなければならない事とは?

 

  • あなたが書きたい物語であるか?

書きたくもないものを書いていても、能力は発揮できません。

 

書きたくないものを書いて成功できる人は、元々、

物語を書くのが目的ではないのです。

 

漫画家であれば、ただ絵を描くのが好きだったり、小説であれば、

字を書くのが好きなのです。

 

物語を書きたいのであれば、好きな物語を書いてください。

 

  • 単純な言葉で説明できること

 

「こいつを倒したら解決」「これを手に入れたら解決」

「〇〇事件解決でおわり」と物語の目的がはっきりしている。

 

ターミネーター2なら、「ジョンを、未来からの刺客から守りきったら勝ち」

インターステラーなら「人類を救う」

ハリー・ポッターなら「ヴォルデモート倒したら勝ち」

 

もっと細かく見れば、それだけではありませんが、

単純化すればこんなものです。

 

「話の途中で、目的が変わる名作なんて沢山あるじゃないか」

と思うかもしれませんが、話の芯となる「最大の目標」を達成するために、「小さな目標」をいろいろ変えるんです。

 

駄作は、小さな目標が、最大の目標をこえた扱いになったり、

最大の目標を忘れて、小さな目標につきっきりになったりします。

最大の目標が、2つも3つもあると、ひどいものです。

 

 

最大の目標は一つだけにしてください。

 

 

ストーリの「最大の目標」がはっきりしていない作品は、駄作になりがちです。

 

しかも、目標がはっきりしていない作品は、作るのに手間取ります。

 

作るのに苦労して、駄作になるなんて最悪ですから、

しっかり物語の目標は決めましょう。

 

  • 感情が動くか

読者は、感情の動きがほしくて、物語を求めます。

 

「面白い、笑える、泣ける、考えさせられる、明日から行動を変えよう」

など、物語を見る前と、見た後で、何も変化がなければ、

物語の存在価値はありません。

 

読者の感情が動くかどうかは、最優先事項です。

 

 

 

  • キャラクターが活きているか?

キャラクターの感情がわかるか(共感)? テーマに縛られていないか?

ストーリーに縛られていないか? 

ストーリーを活かし活かされるキャラであるか?

 

キャラクターが縛られるということは、

あなたの作品が縛られていると同じ意味です。

 

縛られた状態では、良い作品は作れません。

全ての物語において、キャラクターの魅力が一番大事なのです。

キャラを縛ってはいけません。

 

キャラを縛るものは全て捨ててください。

お気に入りのシーンやセリフ、テーマ設定。

 

キャラを縛っているものは全て捨てましょう。

 

逆に、キャラを活かす設定は、どんどん採用しましょう。

 

 

これらは、順番通りに実行する必要はありません。

 

思いついた項目から実行してください。