最低限の体調管理法


 

先に言っておきますが、プロでも、そうでない人も、

万全の体調で創作活動ができることなんて、ほとんどありません。

 

いつでも

 

「ちょっと疲れてる」

「腰が痛い」

「頭痛い」

「胃腸の調子が悪い」

「眠い」

「目がしょぼしょぼする」

 

というように、体調不良を抱えながら描いています。

 

だから「体調がいい時に創作しよう」なんて言ってたら、

一生創作活動はできません。

 

時間もない、体力もない、体の調子がわるい、

そんな状況で創作活動をするしかない場合、どうすればいいのでしょうか?

 

 

これから書くことは、あくまで、時間がない時のための体調管理法です。

 

時間があるなら、やる必要のないことです。

 

  • 睡眠時間を減らしても、ましになる方法

 

理解していて欲しいのは、睡眠時間が取れるなら、

とったほうが絶対いいという事です。最低7時間以上はねむりましょう。

 

これから書く事は、睡眠時間が少なくなっても、

体調が少しはマシになる方法です。

 

 

少食にする

 

睡眠は、消化で疲れた内臓を回復させる役割もあります。

内臓に負担が大きいほど、睡眠時間が必要なのです。

 

つまり、消化のいいものを食べたり、少食になれば、

内臓の負担が減り、睡眠時間を少なくできるのです。

 

胃腸の調子も良くなります。

 

特に、糖質(ご飯、砂糖、小麦粉、芋類)を減らしましょう。

 

糖質は摂取することにより、眠くなりますし、だるくなったり、

低血糖症になって集中力が落ちたりします。

 

特に日本人は、食事のカロリーの60%以上を糖質で摂取しているという、

糖質過多の人が多いです。

 

糖質は減らしても問題ありません。せめて半分にしましょう。

 

 

目からの情報をなるべく少なくする

 

脳が疲れるのは、情報処理をするからです。

情報の90%は目から入ります。

 

もし、作業場にテレビがあるなら、消すか、

視界にはいらないようにしましょう。

 

視界の隅で、何かが動くだけで、

脳はその情報を「いるかいらないか」の判別をしています。

 

それが脳の疲れにつながり、より睡眠を必要とするのです。

 

それと同じ理由で、目を閉じてもいいときは閉じましょう。

 

目を閉じるだけでも脳の疲れは軽減します。

できれば、そのまま瞑想をしたほうが脳の疲れは回復します。

 

 

 

 

ブルーライトをカットしよう

 

パソコンで作業をしているなら、ブルーライトカットメガネや、

フィルムをつけましょう。

 

ブルーライトは眼精疲労につながります。

 

体内時計を狂わせる効果もありますが、睡眠時間を取れない時点で、

すでに体内時計が狂っていると判断し、ここでは問題にしません。

 

目が疲れていると、眠気も増してきます。

目を開けるのが難しくなるからです。

 

ずっとパソコンを見なくてはいけない仕事なら、

なおさらブルーライトカットは必要です。

 

一度、ブルーライトカットメガネを試してみてください。

 

次の日の、目の疲労度が格段に違います

10時間ぶっ続けでパソコンで作業をした時の感想です)。

 

 

サプリでいいから、マルチビタミン、ミネラルを取ろう。

 

本当はバランスの良い食事をとるほうがいいです。

 

しかし、そんな時間がない時のための方法です。

 

マルチビタミン、ミネラルは、脳のエネルギーや、

体調を整える効果があります。

 

まともな食事を取れないでいると、脳も体も疲れ果て、回復も遅くなります。

 

要は栄養を取らないと「疲れやすくなる、回復が遅くなる」ということです。

 

本当は、ちゃんとした食事をとることが望ましいのですが、

時間がなくて、カップラーメンとか出前ばかり食べる羽目になっていたら、

せめてマルチビタミン、マルチミネラルをサプリでとりましょう。

 

 

せめて15分でいいからウオーキングしよう

 

腰が痛かったり、目が疲れていたり、脳が疲れていたり、

アイデアが浮かばなかったり、痔になったり、

これら全てにウオーキングが効果を発揮します。

 

腰が痛い、痔になった。

などは、ウオーキングで血行が良くなり、回復を早めます。

 

目の疲れには、歩くことにより、眼圧が下がり、目の疲れを改善します。

 

脳のつかれ、アイデアが浮かばないなどは、歩くことにより、

脳への血流が良くなり、脳の体力回復、思考の冴えなどにつながります。

 

「歩いている時間なんてないよ!」という人も、疲れてやる気が出なくなった時に、

15分でいいから歩いてみてください。やる気も回復します。

 

理想としては、4時間に一度、30分は歩いて欲しいです。

 

 

水分をしっかりとる

 

水を飲むのを忘れて作業に没頭する人はよくいます。

 

これはかなり体に悪いです。

 

人間の体は70%が水でできてると言われてます。

それが無くなると、体内の水分バランスが悪くなり、全身に影響が出ます。

 

特に血液です。

水分が不足すると、血液がドロドロになり、血流が悪くなります。

血流が悪くなると、栄養の行き来が悪くなり、

疲れやすくなりますし、回復も遅くなります。

 

「作業にコーヒーは欠かせない」という人も、

コーヒーと一緒に水を飲みましょう。

 

コーヒーは胃液を大量に分泌させる効果があるので、

コーヒーばかり飲んでいると、胃が荒れます。

同時に水を飲むことによって、胃液が薄まり、胃を守ることにも繋がるのです。

 

飲む水のお勧めとしては、ミネラルウオーターをお勧めします。

ミネラルウオーターはミネラルも同時に補給できるので、一石二鳥です。

 

 

バランスの良い食事を取れる工夫、睡眠を取れる工夫をしよう。

 

食事なら、栄養バランスの良い宅配サービスがあります。

それを利用するのも良いでしょう。

 

時間がないなら、自分の生活を見直し、

せめて睡眠時間を取れるくらいまで、

無駄なことをしている時間を無くしましょう。

 

諦めたらそれまでです。

 

諦めず、効率よく仕事をする方法を見つけ出し、

自分の体を壊さない努力をしてください。