魅力的なキャラクターたちの作り方


魅力的なキャラクターには、必ず「欠点、コンプレックス、弱点」があると

「魅力的なキャラクターの作り方」では紹介しました。

 

しかし「どうしても、完全無欠のキャラクターを登場させたい」

というもいるでしょう。

 

ですの、今回はキャラクター達の関係性の作り方を紹介し、

その延長で、完全無欠のキャラクターのつくりかたも紹介したいと思います。

 

人によっては、無意識にやっていることだったりします。

 

 

  • キャラクターの個性は人間関係で作られる。

 

どんなに個性的なキャラでも、周りに全然人がいなかったら、

その個性を生かすことができません。

 

「超強いキャラクター」がいても、周りに比較できる人がいなければ、

その強さを証明できないのです。

 

無人島で「俺は金持ちだ」と叫んでも、証明できません。

 

つまり、キャラクターの個性は、

 

「その個性を持っていないキャラクターがいるからこそ、活かされる」

のです。

 

 

「読書が好きな個性」は「周りに読書をしている人が少ない」から活かされます。

「魔法が使える個性」は「周りに魔法を使える人が少ない」から活かされます。

「乱暴者という個性」は「周りの人間が、平和的」だから活かされます。

 

つまり、完全無欠のキャラクターを登場させたかったら、

「周りに完全無欠ではない、むしろ、欠点だらけのキャラクター」

を配置するべきなのです。

 

「そんなことわかってるよ」

 

という声が聞こえてきそうなので、次に行きたいと思います。

 

 

  • キャラクター同士の人間関係を、上手くストーリーに活かす方法。

 

仲のいい三人組、息のあった相棒、喧嘩ばかりのチーム、

一つの目的に向かうパーティー。

 

上手く作れないと、ストーリーが間延びしたり、話が明後日の方向に進んだり、

全く意味のないエピソードが入ったりしてしまいます。

 

これを上手に作る方法として、

 

「ひとりの人間の個性を、複数のキャラクターに分割する」

 

という方法があります。

 

(例)

魔王を倒さなければ、世界は滅ぶ。だから、主人公が魔王を倒そうとしている。

という物語だったとします。

 

ここで主人公の葛藤を想像してください。

 

・絶対に俺が魔王を倒す。

・人々を助けたら、お礼を言われた。嬉しい。

・魔王とか関係なく、平和にくらしたい。

・ヒノキの棒と50円しかもらってない、せめて銅の剣くれよ。

・さらわれたお姫様を助けたら、結婚したい

・魔物と戦ったら、怪我をした。痛すぎる。

 

 

この主人公の心の中の葛藤を、複数のキャラクターの会話で表現するのです。

 

(例)

主人公「絶対に俺が魔王を倒してやる」

 

仲間A「おいおい、ヒノキの棒と50円しか支援されてないんだよ? 絶対期待されてないって!」

 

主人公「期待されているかされていないかの問題じゃない。

    魔物から救った村の人たちの笑顔、見ただろ? 俺はあれだけでも、命をかける価値はあると思うね」

 

仲間B「僕あの時、腕折ったんだよ? 痛すぎる。もう嫌なんだけど!」

 

仲間C「魔王を倒したら、姫と結婚できるかしら?」

 

主人公「姫が同性愛者ならな」

 

 

この主人公が完全無欠だったとしても、ほかのキャラクターが

主人公の欠点を代わりに表現してくれます。

 

 

心の葛藤を分割することがコツです。

 

能力を分割しただけでは、ただ単に違うことができるというだけです。

 

違うことができるだけで、主人公と同じ考え方をしている人しかいなかったら、

それは、役割が違うロボットになってしまいます。

 

心の葛藤を分割してみてください。

 

 

  • ひとりのキャラクターの個性を複数に分けるメリット1

 

個性が強調できる

 

ひとりのキャラクターを複数に分けるとなると、

必ず個性を大げさに表現する必要があるのです。

 

なぜなら、ひとりのキャラクターの前向きな心理、後ろ向きな心理、

冷静な心理、それらから一つか二つを選んで、

ひとりのキャラクターに押し込めなくてはなりません。

 

そうなると、必然的に個性が濃縮され、

「このキャラクターはこういうやつなんだな」というのが理解しやすいのです。

 

個性というのは、強いものが一つあればいいのです

 

あれもこれもと詰め込んでいては、個性がないのと同じです。

 

ひとりのキャラクターの個性を複数に分ける事は、

個性の強調に繋がるのです。

 

 

  • 一人のキャラクターの個性を複数のキャラクターに分けるメリット2

 

キャラクターひとりの心の中で葛藤していると、根暗な印象を与えます。

 

主人公が心の中で

 

(魔王を倒さなければ、世界は終わりだ。でも、なんで俺がやらなきゃダメなんだ。

王様も何故か、その辺で拾ってきたような棒と、

ポケットにたまたま入っていた50円をくれただけだし。俺は絶対に期待されてない!

ああ、でも、姫可愛かったなぁ……助けた〜い)

 

と葛藤していたとすると、ちょっとキモいですね。

 

このように、主人公の心の葛藤を、複数のキャラで表現することにより、

人間関係が発生します。

それにより、会話が生まれ、物語が楽しくなるのです。

 

 

  • ひとりのキャラクターの個性を複数のキャラに分けるメリット3

 

人の弱い部分、強い部分、変態的な部分を、利用しやすい。

 

ひとりのキャラクターの葛藤を複数に分けているわけですから、

強い部分、弱い部分、変態的な部分を、

それぞれ複数のキャラクターに振り分けることができます。

 

すると、目的にまっすぐ突っ走れるキャラクター

逃げ出すキャラクター、味方を裏切るキャラクター、

異常な行動をするキャラクター。

 

人として、美しい行動、悲しい行動、醜い行動、

それらを思い描くことが、簡単になります。

 

人間の心のあらゆる面を、複数のキャラクターで表現できるのです。

 

 

 

これらの方法は

 

「キャラクター自体が、作者自身の分身である」

 

という考えを元にしたものです。

 

それを、わかりやすく、実行しやすいように改変しました。

 

結局は「作者のあなた自身の心」をキャラクターに投影しやすくした方法です。

 

「日々、生活する上での、自身の心の葛藤」や

「もし自分がキャラクター達と同じ境遇になったら、どう考える?」

 

をしっかり分析し、それをキャラクター達に投影する。

 

それができれば、キャラクター作りは、ぐんぐん上達します。