· 

作業用BGMは駄目?OK?どっち?

 

結論から言うと、

いい時もあるし悪い時もある。

 

音楽は、脳を活性化させます。

 

普段、物語を考えている脳がありますが、音楽はそこ以外も活性化させてくれるので、

普段以上の脳を使う事が出来るようになるんですね。

 

だから、音楽を聴いている時は、物語とか、キャラクター、場面が、

いつもより幅が広いものが浮かんでくるんです。

 

つまりはアイディアが浮かびやすくなります。

 

 

 

では、アイディアをまとめて、物語を作ってる時。

漫画だったら、プロットとかネームですね。

 

こういう精密な作業や、理論的な作業は、音楽を聴きながらでは、上手くできません。

 

何故かと言うと、精密な作業と理論的な作業は、音楽を聴く事とは同時に出来ないからです。

 

音楽の歌詞に注目すると、歌詞を理解するのは理論的な作業です。

理論的な作業をしながら、理論的に物語を作る事はかなり難しいんです。

理論的な作業が重なってしまうからです。

 

そして、音楽の音に注目すると、脳の感性の部分が活性化してしまって、

理論的な脳にエネルギーがまわってきません。

 

 

つまりは音楽のほうに、脳の力を使ってしまって、物語作りに力が回ってこないんです。

 

音楽を聴きながら、プロットを描いてる時に、プロットに集中してたら、

音楽聴こえてなかった、って事がありますよね。

 

つまり、音楽を聴くか、物語を描くか、どちらかしか出来ないんです

 

女性ならマルチタスクが出来るという話もありますが、脳科学の世界ではどんな人間も、

マルチタスクは不可能だと言われています。

 

マルチタスクが出来てるように見える人は、同時に物事を処理してるのでは無く、

両方を素早く切り替えて、一つずつ処理しているだけなのです。

 

これは、脳にかなりの負担があります。

 

 ですので、理論的に考えなくてはならない時は音楽は止めましょう。

 

どうしても聞きたいと言うなら、聞き慣れた曲か、クラシックなどの、

意識を奪われないタイプの曲を聞きましょう。

 

新しい曲を聞いてしまうと、どうしても曲の理解に脳を使ってしまいます。

聞き慣れた、そして、できれば音楽だけの、歌詞のない曲なら悪くはないです。

 

例外として、コマ割りを考える時、感性を大事にする人は、

場面にあった音楽をかける人もいます。

 

 

 

じゃあ、下書きやペン入れは?

 

下書きやペン入れは、単純作業です。

 

単純作業は、音楽を聴きながらした方が効率が高まります。

 

工場などの単純作業をする場所で、音楽を流したところ、

全ての実験で効率が上がったという実験結果があります。

 

ですので、何も考えず、一心不乱にできる作業なら、音楽をかけましょう

 

 

まとめ

 

  • 音楽が良い作業

 

  アイディア出しや、単純作業の下書き

 

  • 音楽は止めるべき

 

  プロットやストーリーを考える理論的作業