· 

批判が気になって、夜も眠れません


(ここで言う批判とは、作品を否定したり、馬鹿にする事を言っています)

作品を作っていると、どうしても批判されます。

有名であれば、余計に批判は多いです。

中には批判を受けて、やる気が無くなってしまう人も居るのではないでしょうか?


ここでは批判に対する、正しい対処法を書いていきます。


まずは結論

「ここが駄目」とか「こうした方が良い」と言う具体的な批判は、しっかり受け止め、吟味しましょう。

「この作品嫌い」「つまらんもう描くな」という、具体性のない、感情的な批判は、無視すればいいのです。

コレが最強です。



具体的な批判は、作品作りのヒントになる場合もありますし、そういう批判を受けても、

自分はこう描きたい!という意思があれば、その意思を固める事も出来ます。


感情的な批判には、なんの価値もありません。

作品の価値を上げる事も出来ませんし、参考になる事もありません。

しかも、まともな批判ができるほど、あなたの作品を読んでない場合もあります



「でも、批判されると、それが気になって夜も眠れない!」

よく考えてください。
感情的に批判している人は、人生がつまらない可哀想な人なのです。
たまたまイライラしてたのをあなたにぶつけて、ストレス解消したいだけなのです。


満ち足りてる人が、感情的な批判をしますか?しませんよね?

 

あなたへの批判を書いたら、どうせ他の人のところに行って、また批判を書きます。





「そうは言っても、ショックなんだよ!」

では、何故批判されるとショックなのか?

それは、あなたが批判された時に「自分の価値が下がってしまう!」と不安になっているからです。

はっきり言って、批判されてもあなたの価値は下がりません。
想像して下さい、好きな作家が批判されてる所を。

あなたの中で、価値が下がるのは批判している側でしょう?

「それは、好きな作家だからじゃない?」と言うかもしれませんが、

じゃあ、嫌いな作家だったら、どうでしょう?
批判されて価値が下がりますか?

はじめっから嫌いなんだから、これ以上下がりませんよね?

じゃあ、興味のない作家だったら、どうですか?
興味がないので、頭の中を素通りですよね?

その批判によって、興味を持たれたら、それはそれで有難いですがw


そう言うことなんです。

心理学においても、他人の悪口を言う人は、悪口を言われた本人より、印象が悪くなると証明されています。
言われた人には、変動がありません。


つまり、批判されても、あなたの価値にはなんの影響も無いのです。
必要以上に不安になる事はありません。

 


何故無視するべきか?

批判されて、相手に反論したら、相手は構ってもらえて大喜びです。そのくらい寂しい人間なのです。

人と口論すると、ストレスがたまりますし、脳のエネルギーも消費します。

そして、最悪なことに、何も解決しません。

口論した相手が「申し訳ありませんでした。あなたの作品は、本当は素晴らしい」 なんて言うわけ無いのです。

下らない人間を相手にする時間は、下らないものになります。


ムカつく批判をしてくるやつを、構いたくなる心理とは?

ムカつく奴が気になるのは、またこんなムカつく出来事が起こるかもしれない、

それは嫌だから、ムカつく出来事を根絶やしにしたい。

という感情からです。

でも、どれだけ頑張っても、嫌な奴は根絶やしには出来ませんし、ムカつく事はこれからも絶対あります

どう頑張っても解決できない問題からは、目をそらしましょう。

 

 



とある心理学の実験。被験者に、綺麗な写真と不快な写真を、ランダムに見せる実験を行いました。

結果は、ポジティブで、心が健康な人ほど不快な写真からはすぐに目を逸らし、
ネガティブで、うつ病になりやすい人ほど、不快な写真を見続けたのです。


この実験結果からわかる事は、ネガティブでうつ病になりやすい人ほど、

不快なことに集中してしまう癖があるという事です。

不快な事からは、目を逸らして良いんです。

あなたが、感情的な批判をされて、そこから目を逸らさないのは、ただの悪癖です。


あなたも作品だけでなく、人生において、解決できない事なのに、頑張ってしまう事はありませんか?

あなたの責任じゃない事や、どう頑張っても解決しない事は、目を逸らす癖をつけましょう。

 

 

どうしても、ムカつきが頭から離れない

それでも、ムカつく感情に悩まされてしまう場合は、書く事をお勧めします。

自分が何故怒っているのかを、詳細に紙やノートに書きます。

「こんな事があって、こういう理由でムカついた」と書いたあとは

「次はこういう対応をしよう」と学んだことを書くのが大事です。

そうする事で、ストレスの70%が解消されると、心理学の実験で分かっています。

このサイトに来る人なら、創作のネタにもなるでしょう。

ムカつくやつを、創作の中でひどい目に合わせてやるのも効果的です。

 

 

 それでもムカつく!なら…

 

全て自分の進化のために起こっていることだと認識しましょう。

あなたは人生の物語の主人公です。

 

この苦難を乗り越えて、成長して、最後に勝つのは、主人公であるあなたなのです。