· 

正しい努力とは?

漫画家なら、絵が上手になりたい。コマ割りが上手くなりたい。

ストーリー作りが上手になりたいなど、努力しなければならない事が沢山あります。

しかし、かなり大勢の人達が、上達の遅い方法を選んでしまっています。

どんな職業でも言える事ですが、闇雲に練習しても、大して上達しません。

正しい努力をしなければ、永久に上手くならないのです。

今回は正しい努力の方法を書いていきたいと思います。

やってはいけない努力とは?

 

一番やってはいけない努力とは、目的地を具体的に決めずに、努力することです。

「とりあえず上手になりたい」「とりあえずプロになりたい」という抽象的な目標で努力してませんか?

良く考えてください。

旅行や観光に行く時「とりあえず関東に行きたい」と言って旅行に行きますか?

もし、そんな感覚で出発してしまったら、どこに辿り着くのでしょう?とりあえず東京でしょうか?


じゃあとりあえず、東京に着いてから次の目的を決めたとすると「東京ディズニーランドに行きたいなあ」となったら、

人によっては「ディズニーランド東京じゃないじゃん!」とか「東京に回らず、直接向かった方が近かった」となります。

人生も同じです。

人生に明確で、具体的な目標を立てないと、そこに到着出来ないか、遠回りをする事になるのです。


 

では、紙とペンを用意して下さい......

 


理想の自分になる為の正しい努力。

 

1.目標を明確に、具体的に決める。

 

自分の理想、理想の自分を明確に決めます。

これをすることにより、自分がするべき努力がはっきりと分かるようになります。


これは実在の人物をモデルにした方が、分かりやすいし、上達も早いです。
空想だけでは、具体性が薄まるからです。

では、具体的な書き方を説明します。

  • 理想の仕事と、仕事に対する意識を書く


どの様な仕事をしていて、どの様なスケジュールで仕事をしていて、どこで仕事をしているか、

どの様な意識で仕事をしているかを書いて下さい。

漫画家を目指しているなら、東京で漫画家をしていて、1日の時間割はこうで、

一週間の予定はこれてある、と具体的に書きます。

思いつく限り書きましょう

  • 仕事に対する理想の精神状態も書きます。

理想の自分は、どの様な精神性で仕事に向き合っているかを、具体的に書いて下さい。

苦しいこともあるけど、基本は楽しい。
いつも本気で集中して取り組んでいる。
コーヒーを飲みながら仕事をする。
仕事が何よりも楽しい。
ちゃんと予備の道具を保管して、道具が壊れても直ぐに作業を再開できる。

などなど、理想の自分なら、この様な精神状態で仕事をしている。と具体的に書いて下さい。

 

  • 理想的な経済面を書く

 

手に入れたい家や服、車、住んでる場所、年収や月収、それらを具体的に描きます。

出来れば、払うべき所得税も書きましょう。

 

そして、理想の経済状態になった自分の精神性も書きます。

 

金に困ってないので、いちいち値札を見ることがない。いちいち財布の中身を確認しない。

やすい広告に踊らされない。値段関係なく、空いてる時間を狙ってお店に行ける。

 

 

 

  • 理想的な人間関係を書く

 

理想の友人、仕事仲間、伴侶、恋人、他人への接し方を書いてください。

 そして、それを手に入れた自分の精神性も書きます。

 

仕事仲間や 友人は、みんな尊敬しあっていて、週に一度必ず飲みに行く。

恋人は自分を愛していて、自分も愛してる。ちなみに妻とは別(!?)

 

  • 理想の自分の健康面について書く

どんなに成功しても、息するだけで胸が痛いとか、腰が痛くて死にそうでは、幸せにはなれません。

理想の自分は、どのように健康なのか?

 身長、体重、精神、髪の毛の有無、肌の色、など、外見も含めて、健康面を具体的に書き出しましょう。

 

体は健康そのもの、体力が有り余っていて、走り回れる。

体重は平均体重で、見た目は細マッチョ。

 

 

なぜ、この4つなのか?というと、

人間が幸せになるには、この4つのバランスが大事だからです。

 

  • 仕事がつまらなければ、ほとんどの時間をつまらない気分で過ごさなければなりません。
  • 経済的に成功しなければ、好きな食べ物も、娯楽も、住む場所も我慢しなくてはなりません。
  • 人間関係が悪いと、どんなに他のことで成功していても、孤独になってしまいます。
  • 健康面がおろそかになると、最悪死にます。

 

この4つのバランスが、整っていることが幸せにつながっているのです。

 

 

 

 

2.理想の自分に成り切る

ここまで書くと理想の自分になるには、何が足りないかがハッキリわかる筈です。

プロというのは、アマチュアがプロになるわけではありません。

プロ並みの実力があるからプロになれるのです。
つまり、プロだから、プロの仕事が来るのです。

あなたは理想の自分に、今すぐになるべきなのです。

理想の自分になれる所があるなら、今すぐなりましょう。

 

 

これから書くことは、生活習慣に取り入れて下さい。

 

 

  • 理想の仕事と、仕事に対する意識を、理想に近づける。


絵がまだ下手なら、理想の人物を徹底的に真似してください。
自分の個性が無くなってしまうんじゃないか、と心配するかも知れませんが、その程度では消えないから個性なのです。
心配せず真似してください。


ストーリーは、ストーリーの構造を分析して、その構造のままにストーリーを作ります。
キャラクターや場所、立場や能力を変えるだけで別物になるのがストーリーです。
これは心配ないでしょう。


コマ割りは、何故そう言うコマ割りにしたのかを考えながら、ネームの時に、練習がてら真似するといいです。

執筆速度は、タイマーなどで計りながら、少しずつ理想に近づけましょう。


仕事に対する意識は、真似できない事が沢山あります。

バイトしながら執筆してる人と、プロでは絶対に合わせられません。

ですが、描いてる時だけなら合わせられる筈です。
理想の人物が執筆してる時、どの様な精神状態で描いているかを、しっかりデザインし、それを再現しましょう。
忘れそうなら、書き記しておいて、机の前に貼っておきましょう。

 

 

  • 経済的な成功具合を理想に近づける


経済的な成功具合を、理想にあわせる場合

「成り切ってしまうと、貧乏なのに、散財しちゃうんじゃないか?」と思うかもしれません。

しかし、これは贅沢しろと言ってるわけではありません。

必要なものを買う時に「ああ!金が無くなってしまう!」と思うのではなく

「必要な物を、これだけの金で買えてラッキー」と思えば良いだけなのです。

税金を払うときも「ちくしょー!金が無いのに、政府ふざけんな!」と思うのではなく

「俺が金を払う事によって、福祉が、充実する!ありがたく思えよ」みたいな、

プラス思考でお金を使う事が大事だと言う事です。

 

 

  • 人間関係を理想に近づける。


あなたが他人や友人と接するとき、理想の自分がどういう接し方をするかを考えて、実行しましょう。

理想の友人がいないというのなら、理想の友人を頭の中に入れておいて下さい。

そうすれば、その人にあった時に、ピンときます。

脳は、探してるものしか見つけられないため「理想の人を探している」という状態が大事なのです。

 

 

  • 健康面を理想に近づける


将来ハゲたくない、太りたくない、病気になりたくない。というのなら、今からでも出来る食事や健康法があるはずです。

特に腰痛には、ウォーキングが良いという話もあります。

将来の健康を、意識する事によって、必要な情報が脳に入って来るのです。



これらは、書いてみるとわかりますが、自分の脳が整理整頓され、クリアになります。

その結果、自分がどう努力すべきかが分かるようになるのです。

ものは試しです。やってみてください。