· 

自分の作品を客観的に、効率よく推敲したいです

この記事に書いてあること

  • 客観的視点とは?
  • 客観的に見れない理由と対処法
  • 推敲に時間を取られすぎない方法
  • 大事なのは客観的視点ではない?!

 

 

自分の作品を客観的に見る事は重要です。

自分では、理解できると思っている文章でも、客観的に見たら、わけが分からないという事は多々あります。

では、客観的とはどういう事なのでしょうか?


客観的=他人の視点 ではない?

きゃっかん‐てき〔キヤククワン‐〕【客観的】
[形動]
1 主観または主体を離れて独立に存在するさま。⇔主観的。
2 特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま。「客観的な意見」「客観的に描写する」⇔主観的。

出典元 コトバンク

https://kotobank.jp/word/%E5%AE%A2%E8%A6%B3%E7%9A%84-476209


この文からわかるように、客観的とは、他人の視点ではなく「誰からみても、変わる事のない事実」という意味です。

 

主観的な意見

  • 面白い作品。絵が好き。キャラがカッコいい。 

 

客観的な事実

  • 100万部売れた。人気投票一位獲得。アニメ化決定! 

 

客観的に「つまらない」という意見は、ありえません。
しかし「100人中50人がつまらないと言った作品」という事実はあります。

つまり、客観的な視点とは、感情の介入しない事実なのです。


自分の作品を、客観的に見れない理由と対処法

まず最初に断っておきたいのは、「100%他人視点」で自分の作品を見る方法は無い、ということです。

他人に読んでもらうしかありません。

理由1.作品に思い入れがある。

誰でも、苦労して作った作品は大切です。
それを客観的に見て、批判したり、されたりするのはきついものです。

客観的な事実だとしても、否定されたら落ち込みますし、自信を失ってしまったりもします。

 

 

対処法


普段から、自分を客観的に見る訓練をする

楽しい、悲しい、ムカつく!などの感情を感じた時に、イメージの中で、一旦その感情を遠くに追いやり、

それを俯瞰で見ます。

「自分は、こういう事が楽しいんだな〜」
「俺はこんな事で悲しんでるのか〜」
「私はこういう事で怒りを感じてるのか」

 

というように、
感情の波に溺れるのではなく、感情の波に溺れている自分を観察するのです。


この訓練をすると、自分の感情をコントロールしやすくなり、作品に対する愛をひとまず放置し

「ここが駄目」「ここは良い」と無感情に評価する事が出来るようになります。

映画を見る時にも、ただ楽しむのではなく

「ストーリー構成の通りに進んでるな」とか「このキャラクター要らなくね?」

「ここで、キャラクターに対して共感をさせてるんだな」

など、分析しながら見る事も、物語を客観的に見る訓練になります。

ただし、純粋に映画を楽しめなくなるので、映画を楽しんだ上で、帰ってから内容を思い出し、分析する事をお勧めします。


理由2. 
仕上がる前に何度も推敲してるので、作品を読まなくても、作品の内容がわかってしまう。

読まなくても作品の内容が理解できるので、作品の内容が、ちゃんと他人に伝わるか、分からなくなっている場合があります。
もちろん、この場合は他人に読んでもらうのが一番ですが、それができない場合の対処法を書いていきます。

 

 

 

 対処法1

 

推敲せずに書ききる(早く書く方法にもなります)


物語の区切りまで書くと決めたら、それまで推敲は絶対にしないと決めます。
参考書も見ず、資料もみません。

スティーブン・キングも、書き終えるまで参考書や資料は見るなと言ってますし、朝に執筆して、改訂作業は夜やります。

そうする事によって、スピードが出ますし、推敲していないので、欠点があって当然と思うことが出来ます。

物語の内容を、必要以上に覚える事もありませんし、執筆時と推敲時の間が、自然と空くので、客観視しやすくなります。

 

対処法2

 

見る媒体を変える

パソコンで書いているのであれば、投稿サイトにアップして、スマホで見るだけでも、他人視点に近づきます。

絵であれば、写真に撮って見ることも有効です。

私の場合、自分で描いた絵を、異常に下手に感じる心の病に悩まされてました。しかし、Pixivにアップして、大量の作品の中で見ると「上手では無いけど、下手でもないな」と、少しだけ心が回復した記憶があります。

 

対処法3

 

時間をおいてから見る

 

かなり有名な方法なので、書く必要がなさそうですが、時間が経つことにより、

思い入れと作品の記憶が薄まり、客観的に見れるようになります。

 

スティーブン・キングは、六週間ほっておいてから、見直すようです。気長ですねw


 理由3
そもそも、客観的に見るだけの知識がない。

絵であれば、人間の正しい骨格を知っていなければ、骨格が正しいかどうか分かりません。

 

文章であれば、理想的な表現方法を知らなければ、客観的に正しいか分かりません。

ストーリーの基本構造を知っていなければ、ストーリーの流れが、基本に沿ってるかはわかりません。

知識が無いだけであれば、他の作品を読んだり、参考書を読む事で学習できます。


大事なのは、客観的な視点では無い?!

ここまで、自分の作品を客観的に見る方法を書いておいてなんですが、大切なのは客観的に見る事ではありません。

 

大切なのは、自分の作品が理想に近づいているかです。

マンガ家志望の方が、よくやる方法ですが、
自分の原稿と、目標とする漫画雑誌を並べて見るのです。

自分の原稿が、この雑誌に載っていたらどうか?
という検査です。

大抵は「うわ!恥ずかしい!俺の絵は雑誌に載せられない!」となります。
「結構いけんじゃね?」という人は極々稀です。

ここで確認して欲しいのは、理想と自分との差です。

理想の自分と、今の自分の違いをはっきり感じる事によって、何を努力すべきかを、理解するのが目的です。

客観的にみて、優れているようになりたい。
他人にすごいと言われたい。

それも良いのですが、結局は、理想とする自分をはっきりと持ち、それに向かって努力する

それが、一番効果的なのです。

小説家だとしたら、理想とする作品の文章や、ストーリー構成、表現方法、執筆スタイル。
理想をはっきりと具体的に決めて、それに向かって突き進むことが最善です。