初心者でもすぐ書けるようになる。物語の書き出し方

一度も物語を作ったことがない。どうやって書き出して良いか分からない。

そんな物語作り初心者さんのために、おすすめの書き出し方を紹介したいと思います。

 

 

まずは小さな岩から転がそう

 

大きな岩を転がそうとすると、動き出すまでにかなりの時間と労力がかかります。

そして転がり始めたら、止めるのも難しいものです

 

ですので、まずは小さな岩を転がすイメージで、簡単な作品から作りましょう。

 

面白いものを書かなくてはいけないとか、理想的な作品を書なくてはいけない、という思い込みは捨てましょう。

まずは、簡単にできる作品、短い作品を仕上げて、小さな成功体験を積み重ねましょう。

 

小さな作品ほど、始めやすいし、終わらせやすいのです。

 

 

「簡単な物語を作れと言われても、その簡単な物語の作り方が分からないんだよ!」

 

という方もいそうなので、とても簡単な物語の作り方を紹介したいと思います。

 

 

 

物語の最小単位を知ろう

 

物語の最小単位を知っておけば、短編を作ることには困りませんし、長編にも応用が聞きます。

ぜひ知っておいて下さい。

 

物語の最小単位とは……

 

問題発生→あがく→問題解決

 

これだけです。

すごく単純ですよね?

 

 

テレビが壊れた(問題発生)

 ↓

買いに行く(あがく)

 ↓

買えました(問題解決)

 

 

子供が行方不明(問題発生)

 ↓

捜索(あがく)

 ↓

子供発見(問題解決)

 

 

地球が爆発しそう(問題発生)

 ↓

防ぐ方法を調査(あがく)

 ↓

地球安定(問題解決)

 

 

このように、全ての物語は問題が発生してはじまり、その問題が解決されて終わります。

 

1000文字に満たないような、超短編小説であれば、この最小単位をなぞるだけで物語ができてしまいます。

 

 

「ストーリーの作り方はわかったけど、どう書き出して良いか分からないよ!」

 

ストーリーが頭の中で出来上がったとしても、書き出すのにはパワーがいります。

何でもそうですが、物事を始めるというのは、最高にエネルギーを使う行為なのです。

 

特に、初心者の方が初めて作品を作るときは、最初の一歩が一番厳しいのです。

 

 

ですので、書き出しは、パクってみましょう。

 

 私はウィルフレッド・リーランド・ジェイムズ、これから罪の告白をしようと思う。1922年6月、妻アルレット・クリスチーナ・ウィンターズ・ジェイムズを殺し、古井戸に死体を遺棄した。

 

これはスティーブン・キングの「1922」という作品の出だしです。

この出だしからわかりますが、この作品は、主人公が自分の過去を語っていく事によって、ストーリーが進みます。

 

今回はこれをパクってみましょう。

 

あなたの作った物語が、誘拐された子供を救う作品なら、

 

 私は〇〇、これから貴重な経験を語ろうと思う。10年前、私の子供△△が誘拐された。大勢の警察官が協力してくれたが、一番の英雄は△△だ。当時8歳だった彼が、犯人たちを全裸で自首させた……

 

のように出だしだけでも真似してみましょう。

出だしだけでも書き出せると、勢いが付きますし、覚悟が決まります

この文体と手法で書くという覚悟です。

 

書き出さなければ「どんな手法で書こうかな?」「一人称かな?三人称かな?」「だれ視点で書こうかな」と

いつまでも悩んでしまいます。

そんなものは書いてみて、得意不得意や、物語にあっているかなどを確認すればいいのです。

そのうち書く前にわかるようになります。

 

 

小難しい事は考えない

 

テーマがどうとか、文体がどうとか、小難しい事は考えず、書いてて楽しい、夢中になれる事だけ書いて下さい。

 

だめなところは書き終えてから直しましょう。

そのほうが、書くことを楽しむ時間が増え、脳が作品作りにいい印象を持ちやすくなります。

 

 

そのうち、今のレベルでは物足りなくなって、自然とテーマやストーリーをレベルアップさせたくなります。