絶対知っておきたい! ピクサー流、物語創作術

かなり勉強になるので、

私なりにわかりやすくまとめました。

 

 

ピクサーが物語を作る時の22の法則

 

 

1.成功することより、挑戦するキャラクターに重点を置く

 

 

2.書き手としてではなく、観客として何が見たいかを第一にする。

この2つは全く違う可能性がある。

 

 

3.テーマは重要だが、テーマは物語を書き終えるまで分からない。

 とにかく終わりまで書くこと。書き直しはそれから。

 

 

4.「昔々あるところに」世界観の設定、

 「毎日」主人公の日常、

 「ある日」問題の発生(日常の崩壊)、

 「こういうことがあったから」努力、あがき、

 「そしてついに」結末、

 

 というように、物語を進める。つまり、物語の型も大事ということ

 

 

5.単純化し、集中すること、

 色んなキャラがいたら纏めること、

 回りくどい話は飛ばすこと。

 

 もったいないと思うかもしれないけど、それがあなたを自由にする。

 

 

 

6.あなたのキャラクターは何が得意で、何をもって安らぎとするのかを考える。

 そして、それを奪われたり、捨てなければならなくなったとき、

 キャラクターは逆境にどう立ち向かうのだろうか?

 

 

7.エンディングはとにかく難しいので一番がんばること。

 

 

 

8.物語は、完璧な物語でなくとも最後まで書く。

 現実では完璧でなくても、とにかく次へ進むしかないからだ。

 そして、書き直すときは、もっと上手く書く。

 

 

9.物語に行き詰まったときは

 「次に絶対起こらないこと」リストを作ること。

 すると、大抵その中から行き詰まりを解消してくれる材料が出てくる。

 

 

10.好きなことには盲目的になってしまう事がある。

 好きな物語を使う前に「私はその物語が好き」

 ということを自覚しながら、その物語から距離を取ろう。

 

 

11.完璧なアイデアでもあなたの頭にある限り、誰とも共有することはできない。

 文章でも、絵でもアウトプットしよう。描くことによって、つぎに進めることもある。

 

 

12.最初のアイデアに執着しない事。二番目、三番目、四番目……と考えを深めていき、

 誰もが思いつきそうなアイデアは捨て去ってしまうこと。

 自分自身を驚かせることが大切。

 

 

13.キャラクターに意見を与えること。

 受動的であったり影響されやすいキャラクターは書きやすいが、

 観客にとってはつまらないキャラクターである。

 

 

14.なぜこの物語を伝えなくてはならないのか?

 どのような燃える信念をもって物語を書いているのか?

 それが物語の根幹である。

 

 

15.もし自分がキャラクターだったら?」というのを大切にする。

 あなたの心を正直に写す事が、非現実的な物語にリアリティーをもたらしてくれる。

 

 

16.キャラクターを読み手が応援する理由は何か? を示すこと。

 

 キャラクターが何を賭けて、

 何を得ようとしてるのか?

 

 成功しなかったら、

 何を失うかを決定しておくこと。

 

 

17.無駄な作業はない。

 

 もし作業がどうしてもうまくいかないなら、

 今は作業を止めてできることをする。

 

 作業にかけた努力は必ず後で役に立つ。

 

 

18.自分自身を理解しよう。

 調子のいいときと悪いときの違いは何なのかを知ること。

 物語創作とは、自分を成長させるためでなく、自分の力を試すものである。

 

 

19.キャラクターが偶然トラブルに陥ることは素晴らしい。

 しかし、偶然トラブルから抜け出すことはごまかしである。

 

 

 

20.嫌いな映画の、嫌いな部分を取り出して、

 どう変えればその映画を好きになれるか考えると、物語作りの練習になる。

 

 

21.キャラクターになりきらなければ、良い物語は書けない。

 あなたが追い詰められた主人公ならどうする?

 

 

23.あなたが、物語を通して、伝えたいことは何か?。

 どうすれば一番簡潔にそれを伝えられるか?

 それを考えたとき、あなたは

 物語の作りのスタートラインに立つことができる。