· 

人と違うことに価値がある。


「俺は背が低いから、背が高いやつより劣ってる」

「私は髪が癖っ毛だから、魅力がない」

「軽自動車は、普通車より劣っている」


本当にそうでしょうか?


背が低い人にしか、無い魅力や、入れない場所があったりしますし、

癖っ毛の人にしか無い魅力もあります。

軽自動車だって、狭い道では重宝します。


ただ、違うだけなのです。


「私は絵が下手だから、上手い人よりおとっている」

「私は長編がかけないから、かける人より劣ってる」

「俺は、シリアスな物語がかけないから、かける人より劣ってる」


絵が下手な人にしか出せない味がありますし、

長編がかけなくても、短編の方が好きな読者もいます。

シリアスな作品より、コメディが好きな読者もいます。


大事なのは


「人との違いを自覚し、それを活かすという事です」


この世の人間すべてが同じ能力しか持っていなかったら、

それこそ、人間に価値がなくなってしまいます。


あなたは劣っているのではなく、

「違う」だけなのです。

その「違い」に価値があるのです。