主人公に必要な要素とは?


主人公に必要な要素として重要なのは、読者はどのキャラクターの視点で、物語を読んでいくかです

例え、悪人でも、そのキャラ視点で物語が進めば、そのキャラは主人公です。

視点が切り替わる事も、作品によってはありますが、その時は主人公が変わっていると考えられます。


そして、主人公は物語の中で最も、苦しんだり、学んだり、成長したり、感情を動かしたりします。

それらの問題を解決する姿が、読者に魅力を与えるのです。


主人公の種類は4つしか無い?!

主人公には4つのタイプがいます。

ヒーロー」「普通の人」「負け犬」「アンチヒーロー」です。

それぞれ、読者に与える影響は違います。
一つずつ、解説していきます。


ヒーロー

この主人公は完璧ではないが、読者より優れている部分が多く、読者に「こうなりたい」あるいは尊敬の感情を抱かせます。

自分の存在価値に自信があり、自分を疑わず、

相反する感情に悩んだりしません。

そして、この主人公は読者に「自分もこうなれるかも」という幻想を味あわせる事が出来るのです。

普通の人

この主人公は、読者に最も近い存在で、

読者に共感の感情が生まれやすいタイプです。

 

「こういう人いるよね~」と言われるキャラです。

主人公の気持ちが理解しやすいため、

主人公の苦しみや喜び、問題を解決する姿を

自分の事のように思わせる事が出来ます。


 

負け犬

この主人公は、読者よりも運が悪く、下の存在です。

努力が報われず、異性にはそっぽを向かれ、才能がなく、何をしても負けます。

読者はそんな主人公に同情し、助けたいとか、慰めたいとか思います。

 

困難に出会った時も、失敗する確率のほうが高いため「どうやって乗り越えるんだ!?」という緊迫感も

感じやすく、読者はドキドキします。

そして、そんな状態なのに、困難に立ち向かい、勝利して、人生を切り開く。
そこに賞賛が生まれるのです。

 

アンチヒーロー

この主人公は、個人的には一番好きです。

私の好みはどうでもいいとして、このタイプは読者とは正反対のタイプです。

読者が、やってはいけないと思う事を平気でやり、

目的の為には手段を選ばず、人間の闇の部分を引き受けてるような、道徳的に問題のあるタイプです。

人間は、ほとんどの人が規則に縛られて、

自分の暗い欲求を抑え込まれています。

その暗い欲求を、代わりに満たしてあげるキャラクターだと言えるでしょう。

しかし、ただ悪いだけでは読者の理解は得られないので、行動には強い動機が必要です。

行動の動機の例

・それしか方法がない

・効率が一番いい(知性が高い)

・極端な価値観(家族が大切で、他はどうでもいいなど)



 最近では、この四つの中の一つだけではなく、「ヒーロー」に「普通の人」を混ぜたものや、
「アンチヒーロー」に「普通の人」を混ぜたりする事が多いです。

純粋に強いだけのヒーローでは、単純すぎる時代になってしまったのでしょう。

例えば、スパイダーマンなどは、スパイダーマンでいるうちはヒーローですが、それ以外では普通の人です。
高校教師が、家族のために麻薬を作るドラマもあります。


これは場所によって変えても良いです。

普段はさえない、何をしてもうまくいかない「負け犬」でも、

バスケのコートに出ると人が変わるなんて設定は良くあります。

これは「普通の人」が「ヒーロー」になって行く過程を描く事によって、
共感の次に「自分もこんな風になれるかも」と読者に感じてもらう力が強くなる効果があります。


キャラクターが求めるもの

物語はすべて「何かを手に入れたい」というキャラクターを描いている。

 

主人公が何かを手に入れたいという気持ちがあり、それを阻む者がいるから、対立や葛藤が生まれます。

つまり、主人公が欲しいもの、ゴールがわかっていないと、物語は成立しないのです。

 

 理想としては「主人公が何を求めるかわかったら、それを追っていくだけで物語が作れる」です

 

なんの目的もない主人公は、理解されません。

主人公に目的がないという事は、物語をどう読んでいいかわからないということなのです。

どう見ていいかわからない状態で物語を読むと、読者は物語に入っていけません。

 

主人公の目的は、物語の芯であり、主人公の芯でもあります。

 


なぜ手に入れたいのか?(動機)

 

主人公の目的が、目的である理由。

ある意味主人公が主人公である理由でもあります。

 

読者はキャラクターたちの行動の理由を知りたがりますし、知らない状態だと不安になってしまいます。

(悪役の行動理由を明かさず、不安を煽る方法もあります)

 

目的はどんなにくだらない事でも、キャラクター本人にとっては大切であること、

それを読者に伝えることが大事です

 

読者は、キャラクターにとって、目的がどれだけ大切か理解したとき、

初めてキャラクターに共感し、感情移入します。

 

ですので、目的を果たす動機が、読者に全く理解されないものでは、共感が得られません。

 

世界征服をする理由が「ただ破壊したいだけ」だとすると、ほとんどの読者は共感できません。

しかし「世界を平和にするプランがあって、それには世界征服が必要」という理由なら

読者は感情移入してくれるでしょう。

 

 

 

やりたい事と、必要なことが違うというパターンも有り。(内的葛藤)

 

キャラクターがやるべき事と、やりたくて仕方がない事を別にすると、

そのキャラクターは難しい決断を迫られ、内面的成長を遂げます。

 

 

クッ○大魔王にさらわれたピ○チ姫が、ク○パを本気で愛してしまう。ク○パも自分を愛してくれている。

 

しかし、ピ○チ姫にはマ○オという許嫁がいた。

マ○オピ○チ姫を助けようと戦っていて、国のみんなも自分が助け出されることを願っている。

 

マリ○によって、自分が助け出されることが、国にとって最善であることはわかっている(やるべき事)

しかし、ク○パを愛している、愛してしまったからずっと一緒にいたい!(やりたくて仕方がないこと)

 

ピ○チ姫は、手に持ったフライパンを○○の頭に振りかざした。

 

そして二人は、真実の愛を手に入れ、幸せに暮らしましたとさ。

 

こんな感じです。

 


失敗したらどうなる?代償は?

主人公が手に入れたいものを決めたら、次は手に入れられなかったら、どうなるかを決めます。

手に入れられなかった時、どんな酷い目にあうか?何を失うか?
それは、主人公の覚悟がどれだけ強くなるかに関わり、読者も主人公を応援する理由になります。

主人公にとって、失う事が恐ろしいものでないと、代償になりません。

それは金銭的に痛いとか、健康的に痛いとか、社会的に痛いとかでは無く、

そこから生まれる感情や心が、痛むものなのです。

失敗すると地球が滅びるから戦う! というよりも、

失敗すると地球が滅び、仲のいい友達や、いつも一緒だった家族が、みんな死んでしまう!
というような、考えるだけで心が締め付けられそうな、

感情を動かす代償こそが、戦う理由として望ましいのです。


そして、主人公は待っててはいけないのです。
待ってるだけでは、全てを失うのが主人公なのです

自ら行動し、問題を解決しなければ、日常に戻れない。
それが主人公というキャラクターの本質です。

逆に言えば、自ら行動する人が、人生の主人公になれるのです。


物語を通して、変わるキャラクター

基本的に、主人公に限らずキャラクター達は、物語を通して変わっていきます。
それは成長するのが望ましいですが、キャラや物語によっては、悪い方向に進む場合もあります。

 

絶対に必要というわけでは有りませんが、変化があった方が、

作者としても、読者としても興味深いものになります。
(探偵物などはあまり成長する事がない主人公が多いです)

 


主人公が手に入れたいものは、冒頭のままの主人公では、

手に入れる事は出来ない事が多く、必ず成長する必要性があります。

問題を解決したい、しかし今のままでは解決できない。
それが主人公に行動力を与えます。

そして、欠点を克服したり、問題を解決できたり、欲しいものを手に入れる等、成長する事が出来て、

主人公は新たなステージに上がります。

それを見た読者は、自分の人生もそのように出来るのではないかと、

主人公に学びを得て、物語に価値を見出すのです。